アラサー女ミニマリストの冬服リスト2018:アウター込みで18枚

ミニマリストの冬服のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

秋とはいえ、気温が30度を超える日があったりと、なかなか気候が安定しないですね。

それでも木々は秋色に染まり、朝晩の冷え込みが一層厳しくなってきました。

いつ本格的な寒さが来てもいいように、今年の冬服をリストアップしてみました。冬でも着ぶくれしないためのアイテム選びや、ミニマリストならではの冬服選びのポイントについてもまとめています。

スポンサーリンク

ちゃおの冬服リスト2018

ちゃおの冬服リスト2018
  • ベージュのスタンドカラーニット
  • ネイビーのニット
  • オフホワイトの柄ニット
  • グレーのVネックニット
  • 白ワイシャツ
  • ブルーのストライプシャツ
  • ボーダーカットソー
  • ブルーのストレートデニム
  • インディゴのボーイフィットデニム
  • デニムスカート
  • 黒のレースカットソー
  • グレーのラップスカート
  • 黒ワンピース
  • ネイビーのニットカーディガン
  • ボルドーのニットカーディガン
  • グレーのパーカー
  • グレーのチェスターコート
  • グレーのダウンコート
アウターを含めて全部で18枚となりました。

トップス:7着

ニットの画像1 ニットの画像2 シャツの画像 ボーダーカットソーの画像

ニット4着、シャツ2着、カットソー1枚となりました。

冬服の主役はなんといってもニット!暖かさを求めると、毎日手放せません。

洗い替えのことも考え、多めに4着用意しました。

パンツ:2着

デニムジーンズの画像

秋服「アラサー女ミニマリストの秋服リスト2018!温度調節が超大切」まで活躍したスキニージーンズとテーパード丈のジーンズを断捨離し、新たに2本デニムを購入しました。

両方とも無印良品のもの。合わせやすいストレートタイプのものとボーイフィットのものです。

基本的に流行は追いませんが、元々好みのノンウォッシュのジーンズが流行っていたようで、今年の冬は流行を抑えたファッションが出来そうです。

スカート:3着

タイトスカートの画像 ラップスカートの画像

秋服「アラサー女ミニマリストの秋服リスト2018!温度調節が超大切」から引き続き、デニムスカートと黒のレーススカートを着まわします。

そして冬限定の暖かいラップスカートを投入!ここぞという時にだけ着たいお気に入りアイテムです。

ワンピース:1着

黒ワンピースの画像

ちゃおの定番の黒ワンピース。もうお馴染みですね。

おしゃれな人の定番服:黒ワンピースのコーデ12【秋服2018】」の記事でも様々な顔を見せてくれたように、この冬もたくさん着まわします。

おしゃれな人の定番服:黒ワンピースのコーデ12【秋服2018】

2018.09.26

カーディガン:3着

ニットカーディガンの画像 パーカーの画像

ネイビーとボルドーのニットカーディガンは色ち買い。ユニクロのものです。ボルドーは差し色に重宝しています。

グレーのパーカーは暖かい日にはアウター代わりにもなる万能選手。デニムはもちろんレースのスカートにも合ってしまう最高の潤滑油です。

アウター:2着

コートの画像

寒い日のためのチェスターコートと、凍えそうな日のためのダウンコート。

このダウンは、腰のあたりで絞ったデザインのため、すっきりとした印象なところがお気に入り。

それにしても、どうしてアウターをどちらもグレーにしてしまったのかが謎です。

着ぶくれしないためアイテム選びにこだわろう

冬服の難点は、暖かさを求めるとついつい着ぶくれしてしまうところ。

着ぶくれしないためにも、しっかりこだわったアイテム選びをしましょう。

Iラインを意識したアイテムを選ぶ

特に気を付けているのが、Iラインを意識したアイテムを選ぶこと。

例えば、先にご紹介した冬用のスカート3着はすべてタイトスカート。下半身をすっきりさせることで、多少上半身にボリュームが出ても全体としてバランスを取ろうという考えです。

デニムもストレートのものを選んでいますし、ボーイフィットもノンウォッシュのものを選ぶことで、すっきりとした印象を狙っています。

ヒートテックなどの暖かい下着を選んで重ね着枚数を減らす

もはや常識ですが、ヒートテックなどの機能性のある暖かい下着を着ることで、上半身のボリュームを減らす方法です。

年々寒さに弱くなっているので、今年はUNIQLOの普通のヒートテックでは耐えられそうにありません。ちょっと奮発して極暖に手を伸ばそうと思います。

冬服はニットの洗い替えを多めに用意しよう

ミニマリストは、手持ちの服の枚数も当然少ないです。

たった2か月で3分の1!ミニマリストが教える服の断捨離ルール」の記事にも書いたように、服が少ないメリットはたくさんあります。むしろメリットだらけ。

しかし、梅雨時と冬だけは、その服の少なさが裏目に出てしまいます。

そう、服がなかなか乾かないんです。

特に冬はニット類がなかなか乾きません。ですので、ニットだけは洗い替えを多めに用意するようにしています。

ジーンズ類も乾きが遅いのですが、ある程度乾いていればコタツの中に入れて仕上げます。ニットはこれをすると火事になりかねないのでやりません。

ニットは洗い替えを多めに用意する、ここ、テストに出しますよ?

服を減らす前に、自分に似合う服を知ろう

ミニマリストの冬服リストに興味を持っていただき、ありがとうございます。

御覧になっている方の中には、「私も服の数を減らしたい」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、少しだけアドバイスを付け加えてから終わりたいと思います。

ミニマリストである私は、服を全部で36着しか持っていません。

このブログを始めたばかりの頃に「たった2か月で3分の1!ミニマリストが教える服の断捨離ルール」の記事を書いた時よりも、さらに1着分減りました。

たった2か月で3分の1!ミニマリストが教える服の断捨離ルール

2018.07.21

少ない服で満足して着回しするには、自分に本当に似合うアイテムを把握することが大切です。

重要なのは色と形。でも、どんな服が自分に似合うのかって、よく分からないですよね。

そこでおすすめなのが、パーソナルカラー診断と骨格診断を受けること。私も地元のパーソナルスタイリストさんに診断していただいてから、洋服選びが楽に、そして楽しくなりました。

プロに見てもらわなくても、本を見ながらある程度は自分でも診断できますので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

>>「似合う服がわからないならパーソナルカラー&骨格診断|格安でお洒落になろう

似合う服がわからないならパーソナルカラー&骨格診断|格安でお洒落になろう

2018.10.16

私はパーソナルカラーではウインター、骨格診断ではストレートですので、その点を意識しながらアイテムを選んでいます。アイテム選びの参考書は以下の2冊です。

created by Rinker
¥1,620 (2018/10/19 01:27:11時点 Amazon調べ-詳細)

自分に似合う色と形を把握したうえで、着回ししやすいアイテムを選ぶといった順番ですね。プロに見てもらうと診断代が数万円かかってしまうので、まずは本で勉強してみるのが良いと思います。

あとはこのブログでも、服の減らし方や所持枚数の決め方などについて取り上げているので、参考にしていただけたら小躍りして喜びます。感想なんかもらえたら泣いちゃうな~。

楽しいミニマリスト生活、あなたも一緒にいかがですか?

似合う服がわからないならパーソナルカラー&骨格診断|格安でお洒落になろう

2018.10.16

おしゃれな人の定番服:黒ワンピースのコーデ12【秋服2018】

2018.09.26

断捨離前に要チェック!洋服の理想の所持枚数の決め方

2018.09.23

アラサー女ミニマリストの秋服リスト2018!温度調節が超大切

2018.09.04

たった2か月で3分の1!ミニマリストが教える服の断捨離ルール

2018.07.21
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください