ミニマリストが教える文房具の整理方法「1アイテム1つだけ」ルール

文房具のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

あなたの引き出し、もしくはペンケース、ごちゃごちゃしていませんか?

もしキレイに使いやすくしたいと思っているのなら、あるシンプルなルールに従うだけで、あっという間に整理できちゃいます。今回は、文房具大好きミニマリストのちゃおが、家でもオフィスでも使える文房具の整理方法をお伝えします。

スポンサーリンク

なぜ文房具は増えるのか?

個人的に、文房具は気付くと数が増えているものNo.2だと思っています。

理由は、失くしやすい、買い替えやすいから。比較的安い物が多い分、あまり丁重には扱われません。小さいから引き出しの中でも紛れ込みやすいですし、ちょっと見当たらなければ、コンビニで新しいものを買えてしまいます。

そうやって気が付くと、1人暮らしなのにハサミが2本も3本もあったり、机の中に使いかけののりが3本も4本も転がっている状況になってしまいます。

ちなみに、気付くと数が増えているものNo.1は洋服です。洋服の断捨離方法については「たった2か月で3分の1!ミニマリストが教える服の断捨離ルール」の記事を御覧ください。

たった2か月で3分の1!ミニマリストが教える服の断捨離ルール

2018.07.21

文房具の整理ルール

文房具の整理ルール
1アイテム1つだけ

1種類のものは1つだけしか持たないということを撤退するだけで、文房具はすっきりと整理できます。

例えば、ハサミは1本だけしか持たないというような感じです。ハサミが2本あっても、1度に使えるのは1本だけ。当たり前に思えるかもしれませんが、新品同然のハサミを何本も目の前にすると、「もったいないから」と取って置こうするのが人の性。思い切って1つにしぼり、後は売るなり捨てるなりしましょう。

1アイテム1つだけにしぼったら、いつも同じ場所にしまうことを心掛けましょう。見つからないからといって安易に買い足すのは厳禁です。これだけで、文房具がいつの間にか増えることを防ぐことが出来るんです。

1つだけあれば十分な文房具

1つだけあれば十分な文房具
  • シャープペン
  • 消しゴム
  • シャープペンの芯
  • 多色ボールペン
  • 修正テープ(修正液)
  • 下敷き
  • 定規
  • ハサミ
  • カッター
  • のり
  • ステープラー(ホッチキス)
  • 電卓
  • メモ帳
  • 朱肉
オフィスや家庭で必要最低限の文房具で、1つだけあれば十分なものを列挙してみました。これらは特殊な事情がない限り、1つあれば十分です。

1アイテム2~3種類持っていてもOKな文房具

2~3種類持っていてもOKな文房具
  • マーカー
  • 油性ペン
  • 付箋
  • クリアファイル
これらは用途によって使い分けたほうが効率的なため、色別で2~3種類までなら持っていても問題ないです。むしろ、ここに挙げたもの以外は、複数個持つ必要性がないので1つに絞りましょう。

お気に入りの文房具だけにすれば時短にもなる

「1アイテム1つだけ」このルールのもと断捨離していけば、自然とお気に入りの文房具だけが手元に残ると思います。オフィスで実行すれば、自然と仕事の能率もアップしていることに気が付くはずです。

使うのはいつも同じもの

例えばボールペン。ペン立てにたくさんのボールペンが刺さっていても、あなたが使うのはいつも同じものではありませんか?

ボールペンと一口に言っても、個性は様々。書き心地滑らかなもの、ちょっと引っ掛かりがあるもの、軽いもの、重いもの、ノックした時の跳ね返りが良いもの、落ちついたもの、などなど。好みの違いはあれど、誰しもがついつい使ってしまうお気に入りを持っているはず。

だったら、お気に入り以外は全部断捨離しちゃいませんか?

お気に入りだけにすれば迷わない

ペン立てに何本も刺さっていると、いつものお気に入りを取り出すのに時間がかかりませんか?

「1アイテム1つだけ」に絞れば、ペン立てはお気に入りの先鋭部隊だけの場所になります。ボールペンはこれ、シャーペンはこれ、マーカーはこれ、と、お気に入りを何の迷いもなく取り出すことが出来ます。

ものの数秒ですが、時短にもなります。1日に何度も使う文房具ですから、探している時間は積み重なればそれなりに長い時間にもなります。お気に入りのものだけ使えて時短も出来たら、きっと仕事の能率も上がりますよ。

さいごに

私がミニマリストになったきっかけは、文房具でした。

職場で、もっと効率的に仕事をする方法は無いかと模索していた時、探しものをしている時間が無駄であること、探しものの多くが文房具であることに気付いたんです。文房具をお気に入りに限定し、どこに何があるかを把握できるようになったら、自然と仕事の効率が良くなっていました。

身近に接する文房具、使いやすいように整理して、もっと快適に過ごしましょう。

ミニマリストちゃおの他人にあまり共感してもらえない文房具への思いを覗いてみたい方は「ミニマリストはシャーペン嫌い?フリクションで快適な筆記生活」の記事へどうぞ。これ共感してもらえたら嬉しいんだよな~。

ミニマリストはシャーペン嫌い?フリクションで快適な筆記生活

2018.09.07
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください