誰でもできる!残業を減らす基本の方法:探し物を無くして仕事を効率化

定時退社のアイキャッチ画像
スポンサーリンク
メルコ
はぁ~、今日も残業。もはや残業が当たり前すぎて何とも思わなくなっちゃったな。

残業が当たり前と諦めかけているそこのあなた!

ほんのちょっとの心掛けで、定時退社も夢ではないかもしれませんよ?

今回は、誰でも出来る残業を減らすための基本の方法をお伝えします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

定時で帰る秘訣:探しものの時間を無くす

定時で帰るために必要なことをは何でしょう。

度胸?

意識改革?

仕事の効率化?

職務分掌の平準化?

……なんだか大仰な答えが返ってきそうですが、誰でも簡単に取り組めることが1つだけあります。

それは、ムダな時間を徹底的に削ること。

ちゃお
特に、探しものをしている時間を無くすことが重要です。

人は1年間に145時間も探しものをしている

トラッカール社が行った「探しものに関する調査」によると、人は1年間で平均145時間も探しものをしていると言います。

1日あたりにすると約24分。

もちろんこの時間にはプライベートの時間も含んでいますが、社会人の活動時間の多くは職場でのもの。

しかも平均での時間ですから、「自分は探しものが多いな」と心当たりのある人の探しものの時間はもっと多いはず。

ちゃお
1日に30分近くもムダな時間を過ごしていると考えると、ぞっとします。

探しものは時間の無駄なだけじゃない!集中力も信頼も奪っていく

探しものは、時間の無駄なだけではありません。我々から集中力も奪っていきます。

こんな経験はありませんか?

企画書を練っているときに、ある資料が必要になったとします。

PCでの作業を中断して資料を探しますが、どこに仕舞ったのか見つかりません。

探しものをしているうちに、先日先輩から借りた別の資料が出てきたので、それを先輩に返します。

すると、そこで立ち話になってしまいた。

自席に戻った時には「あれ、何をどこまで進めていたんだっけ?」という状態。

このように、探しものをすることは目的外の情報に触れることにもなるため、集中力を乱すのです。

また、あなたが上司の立場だとして「○○の資料を見せて」と2人の部下に依頼したとします。

Aさんは5秒で差し出しました。

Bさんは「あれ、どこにしまったっけ?」と待てど暮らせど出してきません。

どちらの部下の方が信頼できますか?

……無論、Aさんですよね。

このように、探しものはあなたへの信頼をも奪っていきます。

探しものを無くせば、仕事がスムーズになる→仕事をもっと効率化できる!

探しものを無くすことで削減できる無駄な時間はたかだか30分程度です。

しかし、探し物が無くなれば集中力は途切れにくくなりますし、周囲からの信頼も厚くなります。

集中力が途切れにくければ仕事もはかどります。

上司からの信頼が厚ければコミュニケーションが円滑になり、仕事に対するバックアップも期待できます。

ちゃお
「風が吹けば桶屋が儲かる」とは言いますが、探し物が無くなった影響で、他の様々な面で仕事を効率化できるというわけです。

スポンサーリンク


探しものを無くすための具体的な方法

無駄な時間を省くには、探しものの時間を無くすことが必要。

探しものを無くすために、日頃からできる対策をまとめました。

文房具は1種類につき1つだけもつ

あなたのデスクの上や引き出しには、文房具はどれくらいありますか?

何本ものシャープペンやボールペンを、ごちゃごちゃにペン立てにさしたり、引き出しの中に押し込んでいる人は要注意。

ものが沢山あればあるほど「今使いたい特定のもの」を見つけるのは難しくなりがちです。

仕事で使う文房具類は少数先鋭部隊にし、どこに何がしまってあるか一目瞭然な状態にしておきましょう。

必要な時に必要なものを取り出せれば、探しものに時間を食われることなく、快適に仕事を進めることが出来ます。

>>「ミニマリストが教える文房具の整理方法「1アイテム1つだけ」ルール

ミニマリストが教える文房具の断捨離方法「1アイテム1つだけ」ルール

2018.09.08

物の定位置を決める

文房具などの持ち物を整理して、本当に必要なものだけに限定したら、次はその物の定位置を決めましょう。

「何がどこにしまわれているか」をきちんと決めておくことで、探しものを無くすことが出来ます。

>>「定時で帰るミニマリストのデスクの引き出し整理術

定時で帰るミニマリストのデスクの引き出し整理術

2018.10.13

デスクトップに表示させるアイコンは最小限に

机の上のものだけでなく、パソコンの中身も整理しましょう。

特にデスクトップは、作業中のデータやフォルダなどで乱雑になりがち。

必要な時に必要なデータを取り出すことが出来るよう、きちんとフォルダ分けなどして管理することが大切です。

不要なショートカットキーなどを削除し、本当に必要なアイコンのみをデスクトップに表示させるようにすると、探しものの防止になるだけでなく作業効率も上がります。

▼私はキレイなデスクトップを追求したら、最終的にごみ箱のアイコンしか表示されない状態になってしまいました。ここまで極端ではないにせよ、定期的なアイコンの整理は必要です。

>>「ミニマリスト直伝!パソコンのデスクトップのアイコン整理術

ミニマリスト直伝!パソコンのデスクトップのアイコン整理術

2018.09.29

スポンサーリンク


探しものを無くして効率的に仕事しよう

仕事が出来る人の机は、キレイに片付いていることが多いと言います。

私自身、7年間の社会人生活を通して色々な方とお仕事をしてきましたが、尊敬する上司や先輩の机はすっきりしていることが多かったです(例外もありますが)。

日頃から整理整頓の癖をつけておくと、物理的に片付くだけでなく、自分の頭の中でも「何がどこにあるか」情報が整理されるので、働き方もスムーズになりますよ。

ちゃお
探しものを無くせば、定時退社も夢じゃない!

定時で帰るミニマリストのデスクの引き出し整理術

2018.10.13

ミニマリスト直伝!パソコンのデスクトップのアイコン整理術

2018.09.29

ミニマリストが教える文房具の断捨離方法「1アイテム1つだけ」ルール

2018.09.08
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください