意外と簡単?音楽大好きな私がCDを全部断捨離できた理由

CDのアイキャッチ画像
スポンサーリンク

こんにちは!断捨離ブロガーのちゃおです。

私は小さい頃からいつも歌を口ずさんでいるくらい、音楽が大好きです。もちろん好きなアーティストも年々増えていて、iPodにはもうデータが入りきらないくらいたくさんの歌が詰まっています。

  • 音楽の無い生活は考えられない
  • 大好きなアーティストのライブが生きがい

そんな私ですから、いくらミニマリストだからって、CDを断捨離するだなんてありえないと思っていました。

しかし、収納スペースの整理をしていたらCDが占めている場所が思っていたよりも広いことに気が付き、思い切って断捨離にチャレンジしてみました。そうしたら、意外とすんなり手放す決意が出来てしまいました。なんと、気が付いたらすべて処分していたのです。

私がCDをすべて断捨離できたのは、自分を納得させてくれるある2つの理由に気付くことが出来たから。今回は、私のような音楽大好きさんに向けて、私がCDを全部断捨離できた2つの理由をお届けします。

スポンサーリンク

CDを全部断捨離できた2つの理由

私が自分できちんと納得したうえですべてのCDを処分できた理由は2つあります。

  • CD自体を使うことがほとんどないから
  • CDが無くてもアーティストへの愛は変わらないから

それでは順番に詳しく見ていきましょう。

CD自体を使うことがほとんどないから

いざ断捨離しようと持っているすべてのCDを床に広げたとき、私はあることに気が付きました。それは、ある時を境にCDケースの汚れ具合に明らかな違いがあるということ。私が大学に入学した前後で、明らかにケースの汚れ具合が違うんです。大学入学前に購入したものは汚れのほかにヒビが入っているものもあるくらいなのですが、大学入学後のものは10年以上経っているというのに新品そのもの。一体どうしてでしょう?

音楽はダウンロードの時代になった

私の大学入学前後でCDケースの汚れ具合に違いがあった原因は、iPodでした。高校までは音楽をCDラジカセで聞いていましたが、大学生になってからはiPodにチェンジ。それまでは音楽を聴くために毎回CDを機械にセットする必要がありましたが、iPodにしてからは、CDは最初にiTunesに音楽を取り込むときにしか使いません。なるほど、音楽を聴く媒体が変わったから、CDを使わなくなっていたんですね。

最近はCDが売れない時代とはよく聞きますが、今やすっかり、音楽はダウンロードの時代になりました。ネットから音楽を直接媒体に取り込める、ミニマリストに優しい時代。CD自体を使用する機会は、ほとんどなくなったも同然です。「CDを断捨離することは、時代の流れに乗ることなのかもしれない。」そう思うと、不思議と断捨離することに抵抗がなくなりました。

CDを貸し借りすることが学生時代ほど無くなった

CDを使う機会が減った原因の一つに、学生時代ほど貸し借りをすることが無くなったことも挙げられます。学生時代は総じてお金がないので、友達と頻繁に貸し借りしていたように思います。しかし、社会人ともなると、そもそも忙しいので友達に会う回数が減るうえ、お金にゆとりが出来るから自分で買ったり借りたり出来てしまうんですよね。好きなアーティストの良さを誰かに伝えるためにCDを使うということもすっかり無くなってしまいました。

CDが無くてもアーティストへの愛は変わらないから

私がCDを捨てることに抵抗を覚えていた理由の一つに、大好きなアーティストとの繋がりが断たれてしまうんじゃないかというものがあります。「そもそも繋がってるわけないじゃん」というツッコミはいりません。ファンとしては、好きだからニューシングルやアルバムを買うのは当たり前のこと。ずっとそう思い込んでいました。

CDはファンの証拠ではない

でも、断捨離を始めてみて気が付いたんです。CDはファンである証拠を示すものではないと。

音楽はダウンロードの時代になったということは先にもお話ししましたが、もはや音楽を楽しむための媒体はCDでなくても良くなりました。そして多くのアーティストがYouTubeで公式アカウントをもっており、新作プロモーションビデオを無料で公開しています。ここまで様々な選択肢を提示されておきながら、CDにこだわり続ける必要ってあるんでしょうか。音楽をiPodやウォークマンに取り込み、購入特典のライブ先行予約チケットの抽選に胸を躍らせたら、その後CDを取って置くかどうかは自由なのではないでしょうか。別にいつだれかに「〇〇のファンなら証拠に持ってるCD全部出して」なんて言われることはないですもんね。

売り上げに貢献しただけでもファンの鑑

そもそも、CDを買ってアーティストの売り上げに貢献しただけでも、ファンの鑑なのではないでしょうか。好きなアーティストの音楽も、レンタルなどで楽しんでいるファンだってたくさんいるはず。いつまでもCDを持ち続けなくたって、アーティストへの愛は変わらないのです。

ついでにライブDVDも断捨離

断捨離に際して突然2つの気づきを得たため、私はあっさり持っているCDをすべて断捨離することが出来ました。そして何かのスイッチが入ったのか、その勢いのままライブDVDも断捨離してしまいました。「ライブは実際に会場で楽しむに限る!」との思いでの英断です。

ついでにアーティストのグッズも断捨離してみた

CDとライブDVDを(勢いあまって)断捨離した私は、続けて大好きなアーティストのグッズも断捨離することにしました。こちらはすべては捨てずに、次のライブに行くときに最低限必要な程度のグッズを残しました。断捨離したのは主にラバーバンド、Tシャツ、タオルです。そのほかのグッズはそもそも数がないので手を付けませんでした。

ラバーバンドの断捨離

主にデザインが好きかどうかで断捨離しました。1アーティストにつき最大2本までです。フェスに行ったりすると、ちょっと気に入ったバンドのラババンを買ってしまったりするのですが、特に気に入ってなければ思い切って処分しました。

Tシャツ・タオルの断捨離

Tシャツ・タオルについては衣類の断捨離と同様に、まずは傷んでいないかどうかを基準に断捨離しました。その後やはりデザイン重視で、1アーティストにつき最大2枚までに減らしました。またライブやフェスで新たに購入した場合は古いものと入れ替える予定です。

まとめ

  • 私がCDをすべて断捨離できた理由は2つ
  • 今の時代、CD自体を使うことがほとんどないから
  • CDを持っていなくても、アーティストへの愛は変わらないから
  • 勢いに任せてライブDVDやグッズも断捨離するとすっきりする

いかがでしたか?今回の断捨離で、私は捨てにくいものを思い切って捨てることに成功し、いわゆる「捨てのK点超え」を成し遂げたように思います。この記事が、CDやDVD、アーティストのグッズを断捨離しようとしている方の参考になれば幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください