アラサー女性ミニマリストがプチプラアクセサリーを全部断捨離した理由

アクセサリーのアイキャッチ画像
スポンサーリンク

可愛いのにとってもお買い得なプチプラアクセ。ついついたくさん集めたくなってしまいますよね。でも数が増えすぎるとこんな問題も出てきます。

  • 収納しきれない
  • ネックレス同士が絡まって取れない
  • 気が付いたら劣化して使えなくなっていた

そして私のようにアラサーともなってくると、プチプラアクセを身に着けると「妙な違和感」を覚える方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

実は私、今まで持っていたプチプラアクセを一旦すべて断捨離することに成功しました。

今回は、プチプラアクセを断捨離したい方や、最近身に着けることに違和感を覚えてきた方に向けて、私がプチプラアクセを全断捨離でいた理由をお伝えしたいと思います。

きっと、手元のアクセサリーを見直す良いきっかけになりますよ。

スポンサーリンク

プチプラアクセサリーを断捨離した理由は3つ

私がプチプラアクセをすべて断捨離できた理由は3つあります。

  • 本物の良さを知ったから
  • プチプラアクセは安っぽく見える時があると気付いたから
  • 安物買いの銭失い状態になっていることに気付いたから

順番に詳しく見ていきましょう。

理由1:本物の良さを知ったから

私が初めて本物の貴金属を使った高級なアクセサリーを手に入れたのは、20代半ばの頃でした。

休職開けに何かお守りになるものが欲しいと思い、ずっと憧れていた一粒ダイヤのネックレスを思い切って購入。お守りですから毎日身に着けていたのですが、使えば使うほど「本物のアクセサリーってすごい!」とその良さを感じずにはいられませんでした。

プチプラアクセの不満な点が本物には全く見られない

まず、プチプラアクセを身に着けていた時に感じていた不満な点が、本物のアクセサリーには全く見られなかったのです。私がプチプラアクセに抱いていた不満は主に次のようなものでした。

  • すぐに壊れる
  • 傷んだり変色しやすい
  • 汗をかくと身に着けていた個所の皮膚が痒くなったり痕が付いたりする

特に3番目の肌トラブルは長年メッキのネックレスほぼ全てで起きていたので、とても困っていました。

しかし、本物の18金で出来たネックレスは長時間身に着けていてもまったく不快感がありません。汗をかいても痛みや変色もないですし、もう2年半ほど毎日のように身につけていますが、壊れたことは一度もありません。

本物を身に着けると背筋が伸びる

また、本物のアクセサリーを身に着けると、不思議と背筋が伸びたような心持になります。服装や立ち居振る舞いにも気を付けるようになりますし、ちょっとだけ自分に自信が持てるような気がします。何より、気分が上がりますしね。

無意識に、本物を身に着けるにふさわしい自分になろうとしているのかもしれません。

本物の良さを日々実感していたため、プチプラアクセには自然と手が伸びなくなっていました。

理由2:プチプラアクセは安っぽく見える時があると気付いたから

本物のアクセサリーの良さを実感するにつれて、プチプラアクセの不満な点をより強く感じるようにもなりました。

プチプラアクセの粗が見えるようになってきた

プチプラアクセの壊れやすかったり傷みやすかったりという点は、ある意味納得がいっていました。だって、とても安いんですもん。しかし、本物のアクセサリーに見慣れるにつれ、今まで見えてこなかったプチプラアクセの粗が見えてくるようになってきました。

  • 金具やイミテーションの宝石の輝きが鈍い
  • チェーンが絡まりやすい(本物は全然絡まらないので改めて気づいた)
  • モチーフが大きいほど素材のチープさが目立つ

目が肥えたために、新たな不満が生まれてきたというわけです。

アラサーになって、年齢に釣り合うアクセサリーをつけることの重要性に気付いた

また、プチプラなアクセサリーにはある種の年齢制限のようなものがあることにも気が付きました。

周りの様々な年代の女性や各種メディアに出ている女性のファッションを見ていると、やはりいかにもプチプラな可愛らしいアクセサリー類は20代前半までが許容範囲なのかなと思えてきたのです。

加えて落ち着いたデザインのものでも、素材の輝きは見る人によっては見抜かれてしまうもの。せめて30代以降は素材と品の良いものを身に着けたほうがいいのではないかと考えるようになりました。

年齢相応のアクセサリーを身に着けないと、安っぽく見られてしまいかねないことに気が付いたのです。

ちゃお
アラサーになって感じ始めた違和感の正体はこれだったんですね!

理由3:安物買いの銭失い状態になっていることに気付いたから

本物の良さを知り、プチプラアクセの粗がより見えるようになった頃、手持ちのアクセサリーを整理してみようという気持ちになりました。

そしてその整理する作業を通して、プチプラアクセを買い漁っていたことがどんなにもったいないことであったかに気が付きました。

プチプラだからと気軽に買い替えしすぎていた

まずプチプラアクセは壊れたり傷みやすいのですが、値段が安かったからと簡単に捨ててしまい、すぐに新しいものを買い直すことを繰り返していたことに気が付きました。中には自分でちょっと修理すればまだ使えたものもあったはず。安い物だったからと気軽に買い替えしすぎていたことに気が付き、反省しました。

安い物も塵も積もれば総額すごいことに

一番多いときで大き目のアクセサリーボックス2つ分くらいにプチプラアクセを詰め込んでいましたが、これまでに持っていたアクセサリーの総数は数えきれないほどです。目が肥えたことで魅力をあまり感じなくなってしまったアクセサリーを処分しながら、これは全部でいくらぐらいしたのだろうと考えるとぞっとしました。

いくら安い物でも、塵も積もれば総額ですごい金額になってしまうはず。それならば、壊れやすい安物をたくさん買うよりも、長く使える高級な良いものを少しだけ買ったほうがいいのではないか、そう思えてきたのです。

否定しないで!プチプラアクセも使いよう

本物のアクセサリーの良さを知り、プチプラアクセに魅力を感じなくなったことで、結果的にちゃおはそれまで持っていたプチプラアクセをすべて断捨離することが出来ました。しかし、プチプラアクセを全否定するつもりはありません。

全部断捨離した後に500円のパールネックレスを買い足し

パールネックレスの画像

実際私は、一度プチプラアクセをすべて断捨離した後に、1つだけプチプラなアクセサリーを買い足しています。

買い足したのは、シンプルな大ぶりパールのネックレス。なんと500円でした。

コーディネートの首元が寂しいときに身に着けると一気に華やぎます。プチプラですから傷んだら新しいものと入れ替えればいいので、惜しげなくフル活用できます。

要はプチプラアクセも使いよう。過剰に持ちすぎるのいかがなものかと今では思いますが、若ければガンガン、落ち着いてきたらポイントでファッションに効果的に取り入れていけたらいいですよね。

手持ちのアクセサリーを上手に活用していくためにも、一度断捨離して本当に必要なものを見極めてみてはいかがでしょうか。

▼アラサーになって、本当に似合う服を知りたくなりました。

>>「似合う服がわからないならパーソナルカラー&骨格診断|格安でお洒落になろう

似合う服がわからないならパーソナルカラー&骨格診断|格安でお洒落になろう

2018.10.16

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください