日本のゲストハウス|初めてでも快適に過ごすための注意点と持ち物

ゲストハウスの注意点と持ち物のアイキャッチ画像
スポンサーリンク
メルコ
旅行の費用を抑えたいし、ゲストハウスってところに泊まってみたいんだけど、注意することとか持って行ったほうがいい物ってあるのかな?

最近よく聞くゲストハウスという言葉。

初めて聞いたという方や泊まってみたいという方に向けて、快適に過ごすための注意点や持ち物についてお伝えします。

ちゃお
この記事をよく読んでいけば、きっと楽しい旅行になること間違いなしです
スポンサーリンク

ゲストハウスとは

ゲストハウスとは、近年日本でも増えつつある宿泊施設の形態の1つ。

海外で言うところのホステルやバッグパッカーズホテルに近いです。多くが食事なしでドミトリーという相部屋での素泊まりを提供しています。

ドミトリーとは

ゲストハウスのドミトリーの画像

ドミトリーとは、客室1部屋の中に2段ベッドを2~3台設置した相部屋のこと。

部屋の中にはベッドのほかにロッカーが設置されていることが多いです。

ゲストハウスとホテルの違い

スタッフによるサービスの有無

多くのホテルや旅館が食事から寝床の準備、客室清掃まで宿泊客にサービスを提供するのに対し、ゲストハウスは基本的にはそういったサービスを行いません。

基本的にゲストハウスは、寝床以外はすべて共用。バス(シャワールーム)・トイレも共用ですし、長期滞在者向けに共用のキッチンや洗濯機も用意されています。

ホテルや旅館が宿泊客をもてなす一方、ゲストハウスは宿泊者を自由に過ごさせてくれます。

ゲストハウスは宿泊費が格安

ホテルや旅館に比べ、ゲストハウスは占有スペースが狭くサービスも少ない分、格安で宿泊することが出来ます。

安いビジネスホテルでも一泊5,000円はくだらないのに対し、ゲストハウスの一泊当たりの相場は2,000円~4,000円。

旅行の費用を抑えたい方には嬉しい価格帯となっています。

ゲストハウスは出会いの宝庫

ゲストハウスには多くの共有スペースがあり、自由に利用できるラウンジがあることなどから、自然と宿泊者同士の交流が生まれます。

ゲストハウスのオーナーやスタッフの中には、気さくに話しかけてくれる方も多いので初めてでも打ち解けやすいと思います。

また、海外からの旅行客の利用も多く、国際交流のチャンスにも恵まれています。

ゲストハウスは人見知りでも利用できる?

交流することは強制ではないのでもちろん大丈夫です。

しかし、最低限あいさつくらいは交わしたほうが気持ちよく滞在できますよ。

ゲストハウスに初めて宿泊するなら知っておきたいマナーと注意点

ゲストハウスでは、初めて会う多くの人と生活の一部を共有することになります。

お互いに気持ちよく宿泊するためにも、マナーや注意点を押さえておきましょう。

ゲストハウス予約サイトの口コミをよく読んで宿泊先を決めよう

いざゲストハウスに到着して「こんなはずじゃなかった!」と思うような事態は避けたいですよね。

宿泊先を決める際には、是非予約サイトの口コミをよくチェックしてください。

私がゲストハウスに宿泊する時はBooking.comというサイトで予約を取っているのですが、口コミの充実っぷりが半端じゃないです。

施設の状況、清潔感、スタッフの対応、利用者の傾向、アメニティの有無など、気になることはだいたい口コミを読めば解決できます。

予約を決める前に、不安要素は取り払っておきましょう。

特に女性は「女性専用ドミトリー」かどうかを要チェック!

気にしない方は気にしないとは思いますが、初めてゲストハウスを利用する女性にとって、男性と相部屋ってかなり気が引けますよね。

ただでさえ知らない人と相部屋というだけでも緊張するもの。

女性がゲストハウスを予約する際は、そのベッドが「女性専用ドミトリー」のものかどうか確認してから予約することをおすすめします。

アメニティは無いのが普通

ゲストハウスでは、歯ブラシ・タオル・シャンプーといったアメニティは無いのが普通です。

とはいえ、日本は「おもてなし」の国。ゲストハウスによっては有償・無償でアメニティを提供している場合もあります。

予約時点でよく確認し、後で困ることの無いよう持ち物を準備しましょう。

他人の迷惑になる行為はNG

ゲストハウスでは共用スペースで多くの時間を過ごします。

他人の迷惑になるような行為は絶対にやめましょう。

騒がしくしない

例え友達と一緒に滞在するのであっても、遅い時間のおしゃべりは慎みましょう。

早い時間に寝ている人もいるので、話し声やドアの開閉音、足音などにも注意を払う必要があります。

水回りをきれいに使う

バス・トイレ・洗面台など、共用の水回りを使う際には、後から使う人の迷惑にならないよう綺麗に使いましょう。

ゲストハウスはあなたの家ではありません。

他人のものを勝手に使わない

長期滞在者の中には、私物を共用スペースに置いている場合もあります。

そういったものをアメニティと勘違いして使うことの無いよう気を付けましょう。

多くのゲストハウスでは、チェックイン時にスタッフが施設の説明をしてくれるので、使っていいものと悪いものは判別できるはず。無用なトラブルの原因となるようなことは避けましょう。

防犯対策は万全に

ゲストハウスは知らない人との相部屋なので、ある程度警戒していないと盗難などの犯罪被害に遭うリスク危険性もあります。

防犯対策はしっかりしておきましょう。

自分の荷物は自分で守ろう

特に注意したいのが盗難。

ドミトリーの中にロッカーがあったとしても、鍵がかからなかったり、荷物が入りきらなかったりということもあり得ます。

自分の荷物は自分で守るつもりで、南京錠やワイヤーロックなどを使い、荷物を守る工夫をしましょう。

あからさまな警戒は同室の人たちに失礼

盗難を警戒するあまり「人を見たら泥棒と思う」ような態度でいては、同室の人たちに失礼です。

塩梅が難しいですが、自然な感じで警戒できると良いですね。

快適に眠ろう

相部屋の人たちは、あなたと同じ時間に寝起きするとは限りません。

遅い時間にやっとチェックインして入室する人もいますし、夜も明けないうちに出発する人もいます。

睡眠を妨げる音や光を避け、快適に眠るためにもアイマスクや耳栓の活用がおすすめです。

ゲストハウスで快適に過ごすための持ち物リスト

以上のゲストハウスの特徴と注意点を踏まえ、宿泊の際に持って行くと便利な持ち物をリストアップしました。

防犯対策にあると良いもの

  • ジップロック
  • 南京錠
  • ワイヤーロック

ジップロックは、入浴時に貴重品を入れて持ち歩くのに便利です。水濡れ防止になります。

南京錠とワイヤーロックは、寝ている間の荷物の盗難防止用です。

created by Rinker
Viane ヴィアンヌ
¥1,378 (2018/11/21 11:00:30時点 Amazon調べ-詳細)

うっかり忘れがちなもの

  • 部屋着(パジャマ)
  • スリッパまたはビーチサンダル
  • 洗面用具類類
  • タオル※
  • S字フック
  • 折りたたみハンガー

ゲストハウスには基本的にアメニティ類は無いので、宿泊の際に借りるようなものはすべて用意していく必要があります。

とくにスリッパは忘れがちなので注意。

また、共用のバスとドミトリー間の移動やラウンジでの交流も考えると、あまりパジャマらしいパジャマよりもそのままコンビニに行けるような部屋着の方が良いと思います。

持って行ったタオルを干すところがない可能性もあるので、S字フックと折りたたみハンガーがあると便利です。

荷物を少なくしたいならタオルよりも手ぬぐいがおすすめ

タオルって、最低2本必要ですよね。体を洗う用と拭く用。

でもタオルはかさばるし、乾くまでに時間がかかるんですよね。

私のおすすめは、タオルの代わりに手ぬぐいを使うこと。

薄いのでたためばコンパクトだし、乾くのがタオルより断然早いです。荷物もぐっとかさが減りますよ。

▼旅行中の手ぬぐい活用法については、こちらの記事を御覧ください▼

>>「手ぬぐいのメリット7つ!使い方豊富でおしゃれだしコスパも良いよ

共有スペースで役に立つもの

  • 小型のライト
  • マルチタップ
  • 振動式目覚まし
  • 耳栓
  • アイマスク
  • 使い捨てマスク

夜中にトイレに行くときなど、他の宿泊者の迷惑になるので電気は点けられません。そんな時は、小型のライトがあると便利です(スマホでも十分)。

電源の確保のためにも、マルチタップがあると便利です。コンセント口が少ない部屋でも、他の宿泊者と電源をシェアすることが出来ます。

ゲストハウスでは、他の宿泊者の迷惑になるので音の鳴る目覚まし時計はセットできません。振動式の目覚ましがあれば便利です。

created by Rinker
dwc
¥4,199 (2018/11/21 11:00:31時点 Amazon調べ-詳細)

快適な睡眠を得るためにも、耳栓とアイマスクは必須。また、他の宿泊者から風邪などをもらわないためにも、使い捨てマスクがあると良いですね。

ゲストハウスのマナーを守って快適な旅をしよう

ゲストハウスのマナーや注意点についてくどくど書きましたが、詰まるところ他人への思いやりがあれば全然OKです。

警戒するところは警戒しながら、ゲストハウスならではの空間と交流を思い切り楽しみましょう。

▼ゲストハウスを予約するならBooking.comがおすすめ。宿の掲載数が圧倒的だし、口コミも充実しています。▼

▼ミニマリストがまとめた旅行の持ち物リストはこちらからどうぞ▼

>>「旅行の持ち物リスト(国内版)パターン別で必要最小限にまとめたよ

ミニマリストの旅行の持ち物リスト(国内版)女性が最低限持つべきはコレ

2018.09.20

手ぬぐいのメリット7つ!使い方豊富でおしゃれだしコスパも良いよ

2018.09.16
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください