「えちぜん鉄道」がレトロ可愛い!白山連峰も見えて感動的

えちぜん鉄道のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

福井県のローカル鉄道「えちぜん鉄道」がレトロな雰囲気と地元の方の温かさ満載で感動的です。

ちゃお
昭和をよく知らない私には新鮮で感動的過ぎた……
スポンサーリンク

「えちぜん鉄道」とは

えちぜん鉄道車両の画像

福井駅(福井県福井市)から、西に勝山駅(勝山市)、北東に三国港駅(坂井市)を結ぶローカル鉄道。

福井県の主要観光地である「曹洞宗大本山永平寺」や「恐竜博物館」に行くなら欠かせない路線です。

2018年11月23日から、お笑い芸人の横澤夏子さん主演の映画「えちてつ物語」が公開されますので、要注目です。

えちてつ物語の画像

画像引用:映画『えちてつ物語』公式サイトより

えちぜん鉄道のココがすごい!

平成に育ったアラサー女子(鉄オタではない)が感動したポイントをご紹介します。

駅舎がレトロ可愛い

えちぜん鉄道には永平寺口駅から乗車。恐竜博物館を目指して勝山駅まで向かいました。

永平寺口駅の画像

こちらが永平寺口駅の駅舎。

勝山駅の画像

こちらが勝山駅の駅舎。

どちらもレトロ可愛い。

古い車両の画像

勝山駅には昔の車両を展示しているところもあります。

恐竜の足跡の画像

また、恐竜博物館のお膝下なので、駅のホームには恐竜の足跡がペイントされています。可愛い。

駅員さんが切符をパチンって切ってくれる

なんと、えちぜん鉄道では切符を窓口で買います。そしてその場で駅員さんが切符をパチンって切ってくれるんです。

切符の画像

わー!リボンの端っこみたいにツンツンした切れ目が切符に入ってるー!

こんなの本やテレビでしか見たことないよ!感動!

乗るなら絶対一番前の席

永平寺近くのお土産物屋さんで、永平寺口駅までのバスの切符を買ったところ、親切にもそこのおばちゃんが何分の電車に乗れるかを教えてくれました。

「電車はなるべく前の方の席に乗ってね~」

おばちゃんのこの言葉に、「前の席の方が降りるとき改札に近いのかな?」くらいしか思っていませんでした。しかし、いざたった1両編成のえちぜん鉄道に乗り込んでみたら、おばちゃんの言っていた意味が分かりました。

えちぜん鉄道運転席の画像

運転席がオープンスペース!景色が超良い。丸見え。

繰り返しますが私は鉄オタではありません。でも、あまりの景色の良さに興奮しました。

アテンダントさんが親切でかわいい

とても驚いたのが、えちぜん鉄道にはアテンダントさんがいるということ。景色の良いところで車内アナウンスなどしてくれます。

平日で空いていたので、たまたま私の目の前に座っていたお姉さんとアテンダントさんと3人で景色についておしゃべりしながら乗っちゃいました。

アテンダントさん、可愛くて親切で、本当に素敵でした。おもてなしの心が行き届いていて素晴らしかったです。

景色が素晴らしい

自然が豊かな川沿いの道を走るえちぜん鉄道勝山永平寺線。

景色は言いようもなく素晴らしいです。私は9月中旬に旅行したのですが、紅葉の季節などはもっと素晴らしいでしょうね。

そして気になる一番の絶景ポイントについては、次の項目で詳しくお伝えします。

えちぜん鉄道から白山連峰が見えるポイント

えちぜん鉄道勝山永平寺線からは、日本の名勝の1つである白山連峰を見ることが出来ます。

小船渡駅~保田駅間がよく見える

白山連峰がよく見えるのは、小船渡駅~保田駅の間です。保田駅を勝山方面へ進んでからは、角度的によく見られなくなってしまいます。

アテンダントさんも案内してくれるので、車内アナウンスをよく聞いておきましょう。

10~11月、3~4月が雪化粧を望むチャンス

白山連峰と言えば、白山連峰だけが真っ白に雪化粧して、神秘的にたたずんでいる姿が印象的ですよね。

その姿を生で見たいなら、白山連峰だけが雪化粧を帯びている時期を狙う必要があります。

具体的には10~11月、3~4月くらいがベストだそうです。狙える人は是非見に行ってみてください。

山側も平地もよく晴れている日でないと見えない

残念ながら、白山連峰は運が良くなければ見ることはできません。

山側も電車が通っている平地も良く晴れた日でないと見ることはでいないそうなんです。

白山連峰の画像

私はたまたまラッキーなことに白山連峰を見ることが出来ました。9月なので雪化粧はありませんが、これはこれでとても神秘的です。

「えちぜん鉄道」に乗ったらレトロな雰囲気と景色を楽しんで!

福井県に行ったら、まず乗らないことはないであろうローカル線「えちぜん鉄道」。

ただの目的地までの移動と思わず、レトロな雰囲気や素敵な景色を満喫してみてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください